世界設定:巡月の年(閏年)

 一年を365日と定めたのは大地と智の女神を崇めるルース大神殿ですが、これを定めるに当たっては長年に渡る調査・研究が行われました。
 しかし、この計算は微妙にずれていたようで、後の研究により、十年で一日分多くなってしまうことが分かりました。
 そこで、十年に一度巡ってくる366日の年を「巡月の年」と呼び、新年祭の期間を一日多くすることで調節しています。

 新年祭六日目「月の祭日」には、魔術士が主催する祭が開かれます。