専科:武術科

 戦士や格闘家などを目指す生徒達のための科です。基本的な運動から徒手格闘術、また武器ごとの扱いについて学びます。

●基礎科目
「運動」
「格闘(初級)」
「生存術」

●選択科目
「剣術」(更に「長剣:片手剣」「長剣:両手剣」「細剣」「短剣」に分かれます)
「斧術」
「槍術」
「杖術」
「弓術」
「打撃武器」
「投擲武器」
「格闘(上級)」
「舞踊」
「戦術」
「戦闘指揮」


 年2回、実技試験が行われる他、科目によっては武術大会などに出場する場合があります。

 

専科:神学科

 神官を目指す生徒のための科です。基礎科目では十神共通の「神聖語」や、それぞれ信奉する神の教えを学び、選択科目では神聖術やそれぞれの神官に求められる各種技能を学びます。

●基礎科目
「神聖語」
「神学」
「護符作成」

●選択科目
・光と命の女神ガイリア
 …「神聖術(光・治癒・浄化)」「応急処置」「看護」「薬学」「生物」

・水と美の女神アイシャス
 …「神聖術(水・変化)」「治水」「商業」

・大地と智の女神ルース
 …「神聖術:大地・知識・啓示)」「歴史」「地理」「地図作成」

・風と戦の女神ケルナ
 …「神聖術:風・飛翔・祝福・音声)」「格闘」「戦術」「戦闘指揮」・任意の武術系科目を最低1種類

・炎と情熱の女神パリー
 …「神聖術:火・鼓舞)」「格闘術」「舞踊」

・闇と死の神ユーク
…「神聖術:闇・安静・死者返し)」「応急処置」「看護」「医学」「薬学」「墓守」

・時間の神ルファス
…「神聖術(時間認識)」「時計作成」

・空間の神トゥーラン
 …「神聖術:空間認識・察知・幻覚・念動・占い・啓示)」「占星術」「天文学」「地理」

・境界と静寂の神セイン
 …「神聖術:防御・索敵・音声)」「格闘」「戦術」「戦闘指揮」・任意の武術系科目を最低1種類

・封印と束縛の神クストー
 …「神聖術:鎮静・束縛・封印」「格闘」「捕縛」「法律」

 


 神学科は他の専科と異なり、学園内にある十神の分神殿に「神官見習い」として籍を置く形を取っています。
 各宗派でお祈りの時間や形式が異なるため、神学科の生徒は宗派ごとに独自の時間割で日々を過ごすこととなります。(自由選択科目については、可能な限り他の生徒と共通して学べるように時間割を組んでいます)

 年2回、実技試験が行われる他、学園外の分神殿に赴いて短期研修を行ったりします。


※「神学科」は基本的に誰でも選択可能ですが、実際に神官位を授かるためには、神々の声を聞き、神官としての素質を開花させる必要があります。そのため、神学科専攻者が必ず神官になれるわけではありません。
神官への道を断念して転科する者も多くいますが、逆に別の専科を選択していた生徒が神の声を聴き、学年の途中で「神学科」に転科することもあります。
 

専科:魔術科

 魔術士を目指す生徒のための科です。基礎科目では魔術理論や魔術行使に必要な魔術語、呪文などについて学びます。選択科目では魔具や魔法薬の作り方なども学ぶことが出来ます。

●基礎科目
「魔術理論」
「魔術語」
「呪文」
「魔法陣」
「薬学」

●選択科目
「召喚魔術」
「魔具作成」
「魔法薬作成」

 


 年2回、実技試験が行われるほか、『魔術士の塔』での短期修行や『魔術士ギルド』での職場体験も行います。

 ※月から魔族を召喚・使役する「召喚魔術」は術者の適性が問われるため、選択科目扱いになっています。

 ※魔術科は「生まれつき魔力を持つ者」のみが選択可能です  

 

専科:精霊術科

 精霊術士を目指す生徒のための科です。六大精霊「光・闇・火・水・風・土」についての知識や、彼らと交信するための技能、また精霊との意思疎通を容易にする「精霊語」の習得を目的としています。

●基礎科目
「精霊学」
「精霊語」
「精霊術」


●選択科目
 なし 

 


 必須選択科目はありませんが、生徒によっては六大精霊との相性に偏りがあるため、必要に応じて補修授業等が行われます。
 年2回、実技試験が行われます。


※精霊術士になるには「精霊の目」「精霊の耳」という二つの能力が必要です。これは生まれついてのものであるため、精霊術科を専攻する際は事前に確認が行われます。

 

専科:探索術科

 探索者を目指す生徒のための科です。基礎科目では様々な場所での探索方法や罠の仕組み、鍵の開け方などについて学びます。選択科目では遺跡の仕組みや傾向、出現する魔物についての知識や、狭所での対人戦闘などについて学びます。

●基礎科目
「探索術」
「罠術」
「鍵術」
「変装術」
「読唇術」
「追跡」
「登攀」
「生存術」

●選択科目
「考古学」
「魔物学」
「格闘」
「剣術」
「投擲武器」

 


 年2回、実技試験が行われる他、学園内外の遺跡などで実地訓練を行います。


※設立当初は「盗賊科」という科目名でしたが、各所から苦情が寄せられたことから、新生暦100年に「探索術科」へと名称を変更しました。

 

専科:楽師科

 吟遊詩人や歌い手、演奏者など、音楽家を目指す生徒のための科です。基礎的な音楽の知識から、発声法や作曲法、楽器等の演奏方法、手入れの仕方などを学びます。楽器によっては作成方法まで学ぶ場合もあります。

●基礎科目
「楽典」

●選択科目
「器楽」(更に楽器ごとに分かれます)
「声楽」
「作曲」

 


 年2回、実技試験が行われる他、学園祭や行事などで演奏を行います。



 

| 1/1PAGES |